魔の2歳児…イヤイヤ期の特徴・対応や対処方法とは?いつから~いつまで続くの?

イヤイヤ期がやってきた!いつまで続くの?

子供の『イヤイヤ期の乗り越え方』ということで、絶賛我が家の息子がイヤイヤ期に入りました…。

のでその記念に体験談として私のイヤイヤ期口コミ、対応や対処方法を書いてみようと思います。

魔の2歳児=イヤイヤ期とは?特徴は?

我が家には現在2歳半の息子がいます。

俗に言う「魔の2歳児」なのですがイヤイヤ期真っ只中なので、奮闘の毎日です。

イヤイヤ期が始まったのは、2歳の誕生日を過ぎたくらいからでしょうか。

最初は自我が芽生えてきて成長しているのだな程度に思っていましたが、今では自我の塊で基本的には何でもイヤイヤとなってしまいます。

イヤイヤ期の特徴として「何でも自分でやりたい」という自我が芽生えてきて私がやってあげると怒り自分でやり直しています。

それが上手くいかないとまた怒るという繰り返しで機嫌の良い日、悪い日とありますが、機嫌の悪い日のご機嫌取りには手を焼いてしまいます。

イヤイヤ期との付き合い方や対処法を教えて!

イヤイヤ期と言っても、子供の主張するイヤイヤはたくさんあり我が家の息子の場合はまだはっきりと話せる言葉が少ない為、余計に自分の伝えたい事が伝えられずに癇癪を起してしまう事が多いです。

例えば、見たいテレビの番組があったとしても、まだ話せませんので何となくジェスチャーで伝えてくるのですが、どの番組が見たいのかまでは分かりません。

「これかな?どれが見たいの?」とこちらも一生懸命聞くのですが、あまり時間がかかるともう泣き出して癇癪を起します。

一日中ずっとこの調子で相手をしていてはこちらも疲れてしまいますので、私は適度に相手をしてあまりわがままを言う時には適度に叱る事も必要だと思っています。

イヤイヤ期はいつから~いつまで?(成長過程の大切な時)

一般的にイヤイヤ期とは、1歳半頃から始まります。

そして2歳から3歳までがイヤイヤ期のピークとなり…遅くとも4歳までには落ち着くようです。

(たまにイヤイヤ期のない子供もいるといわれています)

ですのでこれからまだまだ先の長い育児の中で第一次反抗期がやってきたと思い、あまり気負わずに成長の過程の中で大切な時期なのだと割り切って接していくようにしていくと良いと思います。

私はそのつもりです^^

あまり神経質にならずに成長過程での当たり前の出来事だと健全な出来事だと受け止めています。

イヤイヤ期の対応に困った時には…(まとめ)

割り切って接していけば良いと頭では分かっていても、忙しかったり具合が悪かったりすると「もう、いいかげんにして!」と思ってしまう事も多々あると思います。

特に外出先で癇癪を起されると、どうしていいか分からなくなってしまいます。

我が家は男の子の為、力が強く泣き声も大きくて力づくで連れて帰ろうとすると余計暴れて手が付けられないほどです。

周囲の目線も気になり、本当に恥ずかしい思いを何度もしています。

最近では、大きな買い物をする時は主人や実家の母が一緒に行ってくれる日にするようにしています。

私一人では、荷物を持ち、暴れる息子を抱えて買い物をするのは本当に大変で、必要最小限のものを、最短のルートで(息子が飽きない時間で)買うようにしています。

ご主人が単身赴任や頼れる実家が遠方の方は、ネットスーパーを活用したり、自治体のサポート制度を活用したりして乗り切るのが良いと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする